主宰
​後藤 彩 Aya Goto

7歳よりバレエを始める。 望月則彦、保子に師事。

Saint Louis Ballet Schoolへ留学。堀内 元、Ellen Costanzaに師事。

Saint Louis Balletのカンパニーツアーに参加。

在学中、Apprenticeに昇格しソリストパートに抜擢される。バランシンスタイルを学ぶ。

同校にて、プレバレエクラスのアシスタントに就く。

帰国後、バレエスタジオHORIUCHI (旧称:ユニークバレエシアター)に所属。

林 かおり、堀内 充に師事。

2004年よりバレエスタジオHORIUCHI (旧称:ユニークバレエシアター)の公演に参加。

チャリティー公演など数々の公演に出演。

古典作品をはじめ、堀内 完作品など主役、ソリストパートを踊る。

講師としても子供から大人のクラスまで指導にあたり、海外経験を活かしインターナショナルスクールではカルチャークラスにて英語deバレエのゲストティーチャーとして活動。

現在は目黒区洗足にAya Ballet School(アヤバレエスクール)

を主催し子供達の育成に力を注ぎ幅広い年代を指導している。

​2020年から自由が丘にも開講し​子供達の育成に力を入れている。

(最新指導歴)

第13回スリーピングビューティー

​   ジュニア部門 優秀賞

IMG_5510.JPG
アヤバレエスクール.jpg
バレエ.jpg

高校卒業後渡米し、Utah Valley University (UVU)舞踊科へ入学、スカラシップを受けバレエを専攻する。卒業前、Joffrey Ballet Concert Group (JBCG) にて、ニューヨークシーズン、国内ツアーに参加。Africa Guzman, Julie Bour, Larry Keigwin, Gerald Arpino などが振付けたコンテンポラリー作品やクラシック作品を踊る。UVU卒業後BFAを取得し、ニューヨークに移り、フリーとして活動。ニューヨーク拠点の振付家、カンパニーの作品に出演、ツアー参加。NY/NJエリアにてバレエ講師としても活動。自身のコンテンポラリーバレエ作品もニューヨークエリアのメジャーダンスフェスティバルやショーケースでSANCE/ Satomi Itoharaとして多数発表、選出される。2016年より東京に拠点を移し、ダンサー、バレエ/コンテンポラリーバレエ講師、レッスン通訳としても活動の場を広げながら、東京、インドなど国内外問わず自身の活動を続ける。

糸原 聖美 Satomi Itohara
IMG_3593_edited.jpg
​木下 実咲 Misaki Kishita

4歳よりバレエを始める。

その後、昭和音楽短期大学へ進学。

バレエコースを専攻し、バレエのほか、解剖学、コンテンポラリーダンスなどを学ぶ。

コンクール出場、入賞を経験。

卒業同年に谷桃子バレエ団に入団する。

バレエ団公演に多数出演。

​現在はバレエ団活動の他、子供たちの育成も行い自身の経験を伝えている。

misaki.jpg
​橘 季佐 Kisa Tachibana

3歳よりバレエを始める。

大友バレエスタジオ、東京シティジュニアバレエ団にてバレエを学ぶ。

バレエ指導者養成研修参加

 

ロシアバレエフェスティバルにて フローラの目覚め ソリスト

0歳からのバレエコンサートにて ドン・キホーテよりキトリ、眠れる森の美女より 勇気の精として出演。

株式会社 マックハウス RUN denim のバレエモデルを務める。

シンガーソングライター Unknöwn Kunの楽曲「ロストシープス」のMVでメインダンサーとして出演。

 

受賞歴

全国オールジャパンユニオンコンクール 奨励賞

NBA全国バレエコンクール 奨励賞

全国まちだバレエコンクール 決勝出場 奨励賞

全国ヨコハマコンペティション 6位

きっさー1.jpg
kisaxtusa-2.jpg
市原​ 晴奈 Haruna Ichihara

10歳よりYumiBright Balletでバレエを始める。矢木由美に師事。

高校卒業後、京都バレエ専門学校に入学。有馬えり子、安達哲治らに師事。

専門学校卒業後、一般社団法人NBAバレエ団にスタジオカンパニーとして入団。

​バレエ団活動の他、講師として子供たちの育成に携わる

 

(受賞歴)

第74回NAMUEクラシックバレエコンクール 第1位

第4回湘南バレエコンペティション 優秀賞

第6回NAMUEバレエコンクールグランドファイナル 第2位

同コンクールにてノヴォシビスク国立バレエ学校留学権利受賞

第20回NBA全国バレエコンクール 入賞

Passion du  Ballet a kyoto第12回ウィンターバレエコンクール 第5位

同コンクールにてインターナショナル・バレエセミナー&ガラパフォーマンス(イタリア)スカラシップ受賞

ITI.jpg
宮庄 眞記子 Makiko Miyasho

10歳よりバレエを始める。広島の小池バレエスクール、池本バレエスクールにてバレエを学び、15歳でWashington School Of Balletの入学許可を取得。その後、北九州&アジア全国洋舞コンクール入選。ロシア国立ペルミバレエ学校主催コンクール1位となり入学許可、奨学金を取得し16歳でロシアへ留学。学校公演では留学生より初めての主役を務める。ディプロマを取得し卒業。

2011~2017

ロシアチャイコフスキー記念オペラバレエ劇場にてソリストとして活動。

2017~2020 

ロシアバシキール州立オペラバレエ劇場にてソリストとして活動。

フランス、ドイツ、スペイン、中国、ポルトガルへの海外公演へ出演。

mu.jpeg
mi.jpeg
​キム・セジョン(特別講師)

韓国カンウォン国立大学バレエ学部舞踊学科卒業。2002年韓国バレエ協会男子クラシックバレエ部門にて大賞受賞。05年韓国ユニバーサル・バレエ団に入団し、ドゥミソリストとして多くの作品に出演。在団中、06年韓国舞踊協会新人舞踊コンクールバレエ部門男子第1位、07年韓国舞踊協会新人舞踊コンクールバレエ部門男子特賞、09年韓国バレエ協会新人賞、バレエ部門銀賞を受賞。11年東京シティ・バレエ入団。翌年『ロミオとジュリエット』で初主演を飾る。以来『ジゼル』アルブレヒト、『ベートーヴェン交響曲第7番』『Octet』(ともにウヴェ・ショルツ振付/日本初演)ソリスト、『白鳥の湖』ジークフリード王子、『くるみ割り人形』コクリューシュ王子、『死と乙女』(レオ・ムジック振付)、『パキータ』エトワール、『コッペリア』フランツほか主要な作品で主演を務め、安定した技術と、のびやかさと繊細さを併せ持った表現力を発揮している。 

IMG_7593[566].JPG
安樂 葵(特別講師)

広島県出身。

三原シティバレエスタジオにてバレエを始める。

 

2006年全国バレエコンクール IN 名古屋(男性シニアの部)第1位。

サンフランシスコバレエ学校へ留学。

 

米国、

テキサスバレエ・シアター、

スーザン・フェリバレエ団、

東京バレエ団に入団。

現在はゲストダンサー・講師として活動中。

image[560].jpg
image[561].jpg